日本の裁判所が初めて強制不妊手術による損害賠償を命じる

日本の裁判所は火曜日に、現在は廃止されている優生学保護法に基づく強制不妊手術で障害のある3人を補償するよう州に命じ、全国で提起された同様の訴訟の中で初めて損害賠償を与えた。

大阪高等裁判所は中央政府に対し、西日本の3人(70〜80代の夫婦と女性)に総額2750万円(239,660ドル)の損害賠償を支払うよう命じ、優生法を違憲と認めた。

一部の日本の裁判所は、法律の違憲性を強調したが、時効が強制手術から20年後に失効したことを理由に、損害賠償請求は却下された。 3人は合わせて5500万円の損害賠償を求めていた。

1948年から1996年の間に、優生学法は、「劣った」子孫の誕生を防ぐために、知的障害、精神疾患、または遺伝性障害を持つ人々の不妊手術を許可しました。 …読み続けてください

せ優生保護法(1948〜96年)下で不妊手術をするけたたの憲法休行てててて猛害大阪府の70〜80代夫婦とと近子近衛で知知の障害者女性が国に計5500万円の不妊手術を受ける障害のその救訴審判決で大阪高裁は22日、大阪高裁は22日、身障害者、救命めすめ、手休め







日本の裁判所が初めて強制不妊手術による損害賠償を命じる
Source#日本の裁判所が初めて強制不妊手術による損害賠償を命じる

Leave a Comment