日本の荷送人は、運賃が上がるにつれて記録的な利益を上げています

日本の3大海運会社は直近の事業年度で記録的な純利益を報告しています。 これは、運賃の高騰と円安を背景にしたものです。

日本郵船は月曜日、3月に終了した年に初めて純利益が1兆円を超えたと発表した。 これは約77億ドルに相当し、前年度から円換算で624%の増加となります。

商船三井の利益は約54億ドルで、687%増加した。 川崎汽船は49億ドルと491%の急増を報告した。

三社は、コロナウイルスの大流行による物流の混乱により、世界的に運賃が上昇したと述べた。 彼らはまた、円安が利益を押し上げるのに役立ったと言った。

日本郵船の幹部は、ロシアのウクライナ侵攻の影響により、運賃の見通しは不透明だと語った。 しかし、彼は、彼らが現在の事業年度の前半の間、高いままであると予想していると言いました。







日本の荷送人は、運賃が上がるにつれて記録的な利益を上げています
Source#日本の荷送人は運賃が上がるにつれて記録的な利益を上げています

Leave a Comment