日本の自動車メーカーは、2026 年にカリフォルニア州のガソリン規制の崖に直面します。

日本の自動車メーカーは、カリフォルニア州で販売されるガソリン車を大幅に削減するという新たな課題に直面しており、それを行うのに 4 年もかかっていません。

州の大気規制当局は木曜日、2035 年までにすべてのガス燃焼車の販売を段階的に廃止するための新しい規則を承認しました。カリフォルニア州大気資源委員会の命令は、自動車メーカーが新規販売の 35% をゼロにする必要がある 2026 モデル年に発効します。 -排出車。

カリフォルニア州は米国の自動車市場の 12% を占めているため、自動車メーカーは義務に従うしかありません。

日系自動車メーカーの幹部は「具体的には厳しいが、2035年までにガソリン車を廃止する計画であることは以前から明らかだった。 「それに対応するための製品計画を作成しています。」

カリフォルニア州は 2026 年以降、自動車メーカーに対し、2030 年モデルの新規販売台数の 68%、2035 年モデルでは 100% をゼロ エミッション車にすることを義務付けます。 グレードを構成する自動車の種類には、電気自動車、燃料電池車、プラグイン ハイブリッド車が含まれ、電気自動車の航続距離は 80 km 以上です。

環境に優しい車に関して言えば、トヨタ自動車や他の日本の同業他社は、プラグを差し込んでバッテリーを充電することができない従来のハイブリッド車を専門としています。 カリフォルニア州は従来のハイブリッド車をゼロエミッション車として認めていないため、これらの車の新規販売は 2035 年にカリフォルニア州でも禁止されます。 …読み続けて


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の自動車メーカーは、2026 年にカリフォルニア州のガソリン規制の崖に直面します。
Source#日本の自動車メーカーは2026 #年にカリフォルニア州のガソリン規制の崖に直面します

Leave a Comment