日本の美しい旧帝国の首都、京都は急速に崩壊しつつあります

京都の輝かしい古代のモニュメント、禅寺、そびえ立つ塔は、何十年にもわたって主要な観光客を魅了してきました。

日本の都市の人口はわずか約150万人ですが、17のユネスコ世界遺産に登録されています。 しかし、牧歌的な風景は痛ましい現実を裏切っています。日本の壮大な帝国の首都は空虚な状態で走っています。

門川大作京都市長は昨年の衝撃的な記者会見で、「10年以内に破産する見通しで、危機的状況に直面している」と語った。

公共サービスの大幅な削減がなければ、わずか5年以内に、市は20億ドルの債務を負い、すべての準備金が使い果たされると予測されていました。

コロナウイルスの大流行の中での日本の観光客の継続的な禁止は、京都に特に大きな打撃を与えました。 市は2019年だけでなんと8800万人の訪問者を集めましたが、観光客は今やほとんど国内の訪問者のトリクルに減少しています。 日本のインバウンド観光は昨年、約25万人に急落し、1964年に始まって以来最低の記録を維持しています。

しかし、パンデミック関連の費用と観光業の崩壊は、都市の何十年にもわたる財政の不備を露呈したに過ぎません。 赤インクは30年前、京都が2番目の地下鉄路線を建設したときに流れ始めました。その費用は最終的に40億ドルに膨れ上がりました。 東西線は、毎日の乗客目標を達成することができませんでした。 …読み続けてください







日本の美しい旧帝国の首都、京都は急速に崩壊しつつあります
Source#日本の美しい旧帝国の首都京都は急速に崩壊しつつあります

Leave a Comment