日本の統一教会、批判を受けて改革を誓う

東京, 9 月 23 日 (Japan Today) – 日本の統一教会は木曜日、安倍晋三元首相の暗殺を受けてその慣行が批判された後、信者が「過剰な」寄付をすることを防ぐことを約束した。

安倍首相の暗殺者とされる人物は、母親が教会に多額の寄付をしたことで宗派に憤慨し、家族を破産させたと考えられている。

伝えられるところによると、彼は安倍首相を標的にしたと伝えられており、彼は教会と関係があると信じており、その信者は口語的にムーニーと呼ばれることもあります。

同団体は不正行為を否定し、安倍首相の殺害を否認しているが、教会幹部の勅使河原秀幸氏は「信者の経済状況を考慮し、寄付が過剰にならないようにする」と述べた.

教会は寄付に関して「信者の独立と自由意志を尊重する」と、グループの新しい改革委員会を率いる勅使河原氏は記者団に語った。

このグループは、2009 年に寄付を規制する措置を講じたが、今後はそれを強化すると述べている。 …読み続けて

Sep 23 (ANNnewsCH) – 旧統一教会「霊感商法1件もない」 2009年以降、「霊感商法は1件もない」と主張した。


ポリシー ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の統一教会、批判を受けて改革を誓う
Source#日本の統一教会批判を受けて改革を誓う

Leave a Comment