日本の第 3 四半期 GDP は高インフレと円安で縮小

東京11月15日 (investing.com) – 火曜日の速報データによると、第3四半期の日本経済は予想外に縮小し、インフレ率の悪化とさらなる円安が国の経済成長を著しく損ないました。

内閣府のデータによると、9 月 30 日までの 3 か月間で国内総生産 (GDP) は 0.3% 減少し、0.3% の成長に対する期待をかわし、予測を大きく下回りました。

年率換算ベースでは、日本の GDP は 1.2% 縮小し、1.1% の成長に対する予想を下回り、前四半期の 4.6% から大幅に減少しました。

この数値は、インフレ率の上昇による日本経済への圧力の高まりを反映しており、9 月のコア消費者物価指数は 8 年ぶりの高値を記録しました。 これに円安が相まって、今年は日本経済の主要な原動力である個人消費が抑制されている。 …読み続けます

11月15日(ANNnewsCH) – 閣僚は15日午前、7月から9月までのGDP成長率=国内総生産を発表した。 年率換算実質金利はマイナス1.2%で、4四半期ぶりのマイナス成長となった。 …読み続けます


事業ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の第 3 四半期 GDP は高インフレと円安で縮小

Source#日本の第 #四半期 #GDP #は高インフレと円安で縮小

Leave a Comment