日本の科学者が深海探査の新しい国家記録を樹立

NHK は、最近のミッションで深さ 9,801 メートルに達した国際深海探査チームのメンバーの中に日本人の科学者がいたことを知りました。 これは、日本の深海探検家の新記録です。

国際チームには、東京海洋大学と名古屋大学の科学者が含まれています。 彼らは、8月13日に海底探査機が小笠原海溝の最深部に到達したと報告した.

このグループは、日本の地質学者で名古屋大学の教授である道林勝義と、アメリカの海底探検家でパイロットのビクター・ベスコボが乗船していたと述べた。

同グループは、米国の民間企業が開発した高度に高性能な有人潜水船「リミティング・ファクター」を使って、8月5日から日本の領海近くで深海探査を行っている。

小笠原海溝は最深部で 9,780 メートルと考えられていましたが、このグループはその深さから 21 メートルの深さに達したと述べています。 …読み続けて


科学技術ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の科学者が深海探査の新しい国家記録を樹立
Source#日本の科学者が深海探査の新しい国家記録を樹立

Leave a Comment