日本の王子は、平民と結婚するという娘の決定についての「ひどい」コメントを非難します

日本の秋篠宮文仁皇太子は、娘のマコの結婚についてのメディア報道を批判し、日本の王室のメンバーからの異常に率直なコメントで、彼女と彼女の夫について「特にひどい」ことを書いたとしてインターネットコメンテーターを批判しました。

今上天皇の弟である秋篠宮文仁は、「雑誌でもオンラインでも」誹謗中傷は人を傷つけたり、自分の命を奪ったりする可能性があり、「許されるべきものではない」と語った。

10月、真子姫は大学時代に出会った庶民の小室圭と結婚した。 夫婦は4年前に婚約したが、小室の母親を巻き込んだ金銭紛争のニュースが出て、関係が物議を醸したため、結婚は遅れた。

夫婦は彼らの関係についてオンラインで激しい批判に直面し、抗議者たちは結婚式の日も含めて彼らの結婚に反対するために集まった。 マコは否定的なコメントの集中砲火からPTSDの症状を経験したと彼女の医師は言った。

先週、56歳の誕生日を記念して開催された年次記者会見で行われた秋篠宮文仁のコメントは、火曜日に公開された写真に掲載されました。

先月の夫婦の結婚式は華やかさも状況もなく行われ、帝国住宅庁の職員が登記所に書類を提出した後、二人は簡単な声明で一般の人々に演説した。

秋篠宮文仁は、娘のPTSDにより、当時、夫婦がよりオープンな交流をすることができなかったと語った。 「一方向の会議ではなく、双方向の会議にしたかった」と彼は語ったが、「彼女は記者会見中に不安発作を起こした可能性があるので、それは困難だっただろう」と語った。







日本の王子は、平民と結婚するという娘の決定についての「ひどい」コメントを非難します

Source#日本の王子は平民と結婚するという娘の決定についてのひどいコメントを非難します

Leave a Comment