日本の消費者を鯨肉に夢中にさせようとしている

日本の毎年恒例の捕鯨シーズンは、今がピークに達している。 国が国際捕鯨委員会から引き揚げ、商業捕鯨をまとめてから3年。

しかし、捕鯨会社は、自社製品を消費者に人気のあるものにすることが大きな課題であることを認識しています。

北日本沖で捕獲された大型のニタリクジラの水揚げが水曜日に東京の魚の卸売市場でメディアに公開された.

捕鯨会社は、消費者にとってより魅力的なものにするために、鯨肉に付加価値をつけようとしています。

冷凍ではなく、日本近海で獲れたクジラの生肉を流通させ始めた。 …読み続けて


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の消費者を鯨肉に夢中にさせようとしている
Source#日本の消費者を鯨肉に夢中にさせようとしている

Leave a Comment