日本の毎日のCOVID-19集計は記録的な250,000件に達しました

岸田文雄首相の新しい内閣は、医療システムへの負担に対する新たな懸念の中で、COVID-19パンデミックの第7波に取り組むという課題に直面しているため、日本の毎日のコロナウイルスの集計は、水曜日に過去最高の250,403件に急増しました。

岸田首相は同日、内閣の新体制発表後の記者会見で、新型コロナウイルスとの共生に向けて「遅滞なく新たな局面を迎える」と述べた。

感染力の高いオミクロン BA.5 亜種に支えられて、日本の新しい COVID-19 症例は初めて 250,000 を超え、8 月 3 日の約 249,800 の以前の記録を上回りました。

新型コロナウイルスの新規感染者は6月から増加しており、7月中旬には1週間前の2倍以上に増えた。 死亡者数や重篤な状態に苦しむ人々の数も急速に増加しています。

日本の47都道府県のうち、20都道府県が水曜日に記録的な数の症例を報告し、東京は34,243件、大阪​​府と愛知県はそれぞれ23,730件と18,862件の症例を報告しました。

.日本の毎日のCOVID-19集計は記録的な250,000件に達しました
Source#日本の毎日のCOVID19集計は記録的な250000件に達しました

Leave a Comment