日本の村は美術史への巨大なオマージュを育てるためにさまざまな種類の米を植えています

1993年以来、毎年、日本の農村館村はその分野を生きた芸術作品に変えています。 農業地帯としての歴史を活かし、さまざまな種類の稲を複雑なデザインで植えることで、素晴らしい田んぼアートを生み出しています。

この夏のプロジェクトは、西洋と東洋の美術史からの2つの有名な女性の肖像画を描いています。 一方はルネッサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチによる象徴的なモナリザであり、もう一方は19世紀と20世紀の日本の芸術家黒田清輝の絵画レイクサイドで、妻の金子田子の肖像画が描かれています。 これらの図は両方とも、満開のときに実際の芸術作品の色と深さを模倣するために必要な量のコントラストを生成するのに役立つ7種類の米を植えることによってレンダリングされます。 田んぼアートは規模が大きいため、適切に実施するにはかなりの計画が必要です。 元高校教師の山本敦氏は、田舎館村の複雑なデザインをすべて担当しており、コンピューターを使用して、元の画像の配色をわずか7色の畑米で再現可能なものに変換しています。 今年の田んぼアートは6月中旬から10月上旬までご覧いただけます。 …読み続けて


旅行ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の村は美術史への巨大なオマージュを育てるためにさまざまな種類の米を植えています
Source#日本の村は美術史への巨大なオマージュを育てるためにさまざまな種類の米を植えています

Leave a Comment