日本の最高裁判所は、2021年の投票格差は合憲であると裁定しました

日本の最高裁判所は水曜日、2021年の衆議院選挙で最大2.08倍の得票差が合憲であるとの判決を下した。

高裁の決定は、2021 年 10 月 31 日に行われた衆議院選挙の結果の無効を原告が要求した、下級裁判所からの 16 の相反する判決に続きました。

2021 年 6 月 23 日に撮影されたファイル写真は、東京の最高裁判所を示しています。 (経堂) == 経堂

高裁大法院の裁判官15人のうち、14人が2021年の衆議院選挙を合憲と判断し、1人が違憲と判断した。

2017年の衆議院選挙で1.98倍の得票差に関する判決が下されて以来、最高裁が得票差を合憲とする判決を下したのは、2017年の衆議院選挙で1.98倍となった。

2 つの弁護士グループが 16 件の訴訟を起こしました。 そのうち9つの裁定は違反が合憲であると述べ、別の7つの裁定は選挙が「違憲の状態で」行われたと述べた。 選挙結果を無効にするという原告の要求を支持する者はいなかった。

判決は、倍以上の格差が人口移動によって引き起こされたと指摘し、格差は「10年ごとの議席配分の見直しに基づく枠組みの体系的な調整を通じて是正される」と述べた。

国会は2016年、国勢調査を活用して都道府県間の人口格差をより正確に反映する議席配分方式を導入することを決定した。

昨年11月、議会はまた、票の価値の格差を是正するために、下院の小選挙区の境界と分布に国の歴史の中で最大の変化をもたらす法律を制定しました.

この法律は、国内の人口密度の高い選挙区と人口の少ない選挙区の間の票の格差を 2 倍以下に減らすことを目的としていました。

2020年に実施された国勢調査によると、議席配分方式により得票値の最大格差は1,999倍に減少します。

最高裁は2009年、2012年、2014年の衆議院選挙で得票差が2.0倍を超え、憲法違反の状態にあるとの判決を下した。

2021年の衆議院選挙で最大2.08倍の得票差が合憲であるとの判決を受けて、2023年1月25日に東京の最高裁判所の前で弁護士が写真を撮られている. (木戸)


関連記事:

日本、衆議院選挙区再均衡法成立

日本の裁判所は、7月の選挙で得票差を違憲と宣言した


日本の最高裁判所は、2021年の投票格差は合憲であると裁定しました

Source#日本の最高裁判所は2021年の投票格差は合憲であると裁定しました

Leave a Comment