日本の映画監督、河瀨直美がユネスコ親善大使に任命

カンヌの河瀨直美監督は木曜日にユネスコ親善大使に任命され、日本の国連組織への常任代表団によると、日本人女性として初めてその役職に就いた。

同じくこの役に指名された5人目の日本人である川瀬さん(52歳)は、世代を超えた女性の物語に焦点を当てた彼女の映画作品が認められてキャストされました。 彼女は、文化産業における男女平等を促進するためにその立場を利用することが期待されています。

日本の映画監督河瀨直美(右)は、2021年11月25日、パリの組織本部で、ユネスコ親善大使としての任命状を、ユネスコ親善大使と一緒に保持しています。

「私の役割は、世界中で話題になっていない人々に光を当て、世界の舞台で彼らを代表することだと思う」と川瀬氏はパリでの記者会見で彼の任命について語った。

フランスの首都にある国連教育科学文化機関の本部で開催された式典で、ユネスコの元フランス文化大臣であるオードレ・アズレイ事務局長は、川瀬が人と文化の多様性を促進したことを称賛しました。

カワセは、アフリカの若い映画製作者を支援するユネスコのプロジェクトに参加しています。

1997年に公開された初の長編映画「すざく」で、奈良県出身の日本人監督が最年少の映画製作者となり、カンヌ映画祭で最優秀新人監督賞を受賞した。

10年後、彼の作品「The Mourning Forest」は、カンヌ映画祭でパルムドールに次ぐ2番目に高い賞である大賞を受賞しました。

2015年、川瀬はフランス政府から芸術文化勲章の騎士賞を受賞しました。

ユネスコの役割を担った他の日本人には、1988年に日本初の親善大使となった故アーティストの平山郁夫や、日本の歌手で俳優の杉良太郎が含まれます。

京都に本拠を置く日本有数の茶道学校である裏千家の元グランドマスターである千元獅子は、2012年からのれんの使節を務めています。


関連する報道:

日本の先史時代の遺跡がユネスコの世界遺産に登録されました

ユネスコ世界遺産に登録された南西日本諸島

カンヌの勝者カワセと他のプロデューサーが2025年日本国際博覧会に選ばれました


。日本の映画監督、河瀨直美がユネスコ親善大使に任命

Source#日本の映画監督河瀨直美がユネスコ親善大使に任命

Leave a Comment