日本の店が誤ってプラスチック製のケーキを販売

鳥取10月28日 (AFP) – 日本のプラスチック製食品サンプルは数十億ドル規模の産業ですが、あるパン屋の偽のエッグタルトは非常にリアルで、スタッフがうっかりして 5 つを顧客に販売してしまいました。

「食品サンプル」と呼ばれるプラスチック製の食品サンプルは、冷たいビールのグラスの水滴からラーメンのボウルの輝く表面まで、可能な限りリアルに見えるように非常に詳細に作られています.

大阪に本拠を置くアンドリューのエッグタルトのプラスチック製タルトは、土曜日に鳥取の駅近くの屋台で疑いを持たない2人の顧客に無意識のうちに5つを売ってしまい、スタッフでさえ違いがわからないほど説得力があります.

従業員は販売後すぐに間違いに気づき、幸いなことに、顧客は偽のケーキを店に返品した後、痛みを伴う可能性のある最初の一口を食べました。 …読み続けます


食品ページ: 1 | 2 | 3

日本の店が誤ってプラスチック製のケーキを販売

Source#日本の店が誤ってプラスチック製のケーキを販売

Leave a Comment