日本の年金「クジラ」GPIFは2009年以来最長の連敗を記録

東京11 月 5 日 (日経) – 世界最大の機関投資家の 1 つである日本の年金積立金管理運用独立行政法人は、金曜日に 3 四半期連続で損失を計上し、世界的な金融危機以来の最長の下落を記録しました。

GPIF は、9 月に終了する第 2 四半期に 1 兆 7200 億円 (116 億ドル) の投資損失を報告し、運用資産は約 193 兆円に達しました。

米国連邦準備制度理事会による利上げが利回りを押し上げたため、保有する債券は価値を失い、株式市場は世界的な景気後退への懸念から売りに出されました。

GPIFについては、7~9月期は全アセットクラスでマイナスリターンとなった。 外債は7644億円、国内債は3982億円の損失となった。 ファンドの日本株は3,679億円、外国株は1,916億円下落した。

ファンドのポートフォリオは、四半期中に 0.88% の価値を失いました。 彼の最後の 4 分の 3 連敗は、2009 年 1 月から 3 月にかけて終わりました。

3月31日に終了した会計年度に10兆円を超える運用収益を報告したGPIFは、その巨大さから市場では「クジラ」として知られています。 内国債と外債、内外株式にそれぞれ 25% ずつ 4 つの配分目標を設定しています。 …読み続けます


事業ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の年金「クジラ」GPIFは2009年以来最長の連敗を記録

Source#日本の年金クジラGPIFは2009年以来最長の連敗を記録

Leave a Comment