日本の岸田首相は春にCOVID-19の格下げを誓う

日本の岸田文夫首相は金曜日、今春、COVID-19 の法的地位を季節性インフルエンザと同じレベルのクラス 5 疾患に格下げすることを約束しました。約3年間。

日本では現在、新型コロナウイルス感染症は「第2種相当」に分類され、感染者や濃厚接触者の移動の制限など、広範な対策が講じられています。 結核や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの2種感染症よりも厳しい措置だ。

政府筋によると、格下げの可能性は4月末までに実現する可能性があり、この国の社会的および経済的活動の正常化に向けた大きな転換点となり、外国人がPCR検査なしで日本に入国できるようになる可能性が高い.検疫。

岸田氏は関係閣僚に対し、春に再分類の準備を進めるよう指示した後、記者団に対し、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために、政権はマスク着用のルールも見直すと述べた。

岸田氏は、政府は既存のパンデミック対策を「徐々に」変更して、日本が通常の状態に戻ることができると述べ、納税者の​​お金で賄われている医療および財政支援が削減される可能性があることを示唆している.

2023年1月20日、東京の首相官邸で記者会見する岸田文夫首相(共同)

日本商工会議所の小林健会頭は金曜日、新型コロナウイルスと共存しながら社会活動を加速することが「最善の経済政策」であると岸田氏の決定を称賛した。

一方、首相は、政府は病気の格下げ後も予防接種プログラムを継続すると述べた.

岸田財務相の発表を受けて、鈴木俊一財務相は記者会見で、財務省は医療への公的資金の再配分を検討すると述べた。

岸田氏は格下げの正確な日付を明らかにせず、政府は「できるだけ早く」タイミングを決定するつもりであるとだけ述べた. 保健省の専門家と相談の上、日程を決めるものとみられる。

同日遅く、松野博和官房長官は記者会見で、岸田政権はCOVID-19の疾病分類が引き下げられるため、訪日外国人に対する国境管理を見直すと述べた。

しかし、松野氏は、アジアの国が封鎖と検疫を含む厳格な「ゼロCOVID」政策を大幅に緩和した後、感染者数が急増した中国に対する入国制限を解除することに消極的であると表明した.

日本は隣国の感染状況を監視しながら、中国からの旅行者にどのように対応するかを議論する、と政府の最高報道官は付け加えた.

日本は、感染の増加に対する懸念が長引く中で、COVID-19の制限を緩和する点で他の先進国に遅れをとっています。

英国では、新しいコロナウイルスを封じ込めることを目的とした規制と国境管理が完全に削除され、2022 年 2 月に英国での制限が解除されました。多くの人がフェイスマスクを着用せずに外を歩く米国では、COVID-19 の制限のほとんどが削除されました。 .

国民が日本のように防護マスクを着用することが多い韓国では、政府はほとんどの屋内スペースでのマスク義務をまもなく解除する予定です。

日本では、感染症法の下で法的ステータスをクラス5に格下げすると、ウイルスに感染した人々の7日間の検疫期間と、患者と濃厚接触した人々の5日間の検疫期間がなくなります。 .

政府はまた、感染者の治療と入院のための医療費の支払いを停止します。

COVID-19患者は、現在指定されている医療施設ではなく、通常の病院で治療を受けることができます。

COVID-19が格下げされた場合、岸田政権は、季節性インフルエンザと同様に、指定された医療施設からの症例に関するデータのみを受け取り、感染傾向を把握します.

今後、感染者数が再び増加しても、緊急事態宣言を含む制御措置は講じられません。

国が感染の第 8 波を目の当たりにしている中、毎日の症例数は高いままであり、時には 200,000 人を超え、記録的な毎日の死亡者数が報告されています。

しかし、政府はCOVID-19の状態を格下げする方向に傾いています。これは、ウイルスの発生によって打撃を受けた経済を再活性化するよう求める声が高まっていることと、ワクチン接種プログラムのおかげもあって、この病気の致死率が低くなったためです。

一部の医療専門家は、ウイルスの伝染性が低下する可能性は低いため、計画された再分類により人々の警戒心が低下し、症例数と死亡者数が増加する可能性があると懸念しています。

計画された格下げに基づいて、日本政府は屋内でのフェイスマスクの使用に関する推奨を撤回する可能性があります。 人々は屋外でそれらを使用しないことがすでに示唆されていますが、ほとんどの人は引き続き使用しています.

保健省の専門家パネルは先週、適切な医療を確保するためのコロナウイルス対策を維持しながら、COVID-19を削減するための「段階的な」アプローチを取るよう政権に要請した。

(この話は立川智之さんが寄稿してくれました。)


関連記事:

COVID-19が日本でクラス5に格下げされたときに何が変わるかの本質


2023 年 1 月 20 日、コロナウイルス感染が拡大する中、マスクを着用した人々が日本の首都の JR 東京駅を通勤時間帯に通り過ぎます。 (経堂) == 経堂

日本の岸田首相は春にCOVID-19の格下げを誓う

Source#日本の岸田首相は春にCOVID19の格下げを誓う

Leave a Comment