日本の岸田首相は、1月にニューヨークで開催されるNPT再検討会談に出席する予定です。

岸田文雄首相は、核兵器不拡散条約を検討するためにニューヨークで開かれる1月の会合に出席することを検討している、と計画に詳しい筋は土曜日に言った。

各国の指導者は一般的にNPTレビュー会議に参加しません。最後の会議は1月4日に始まります。米国では新規コロナウイルスのオミクロン変異体の症例が増加しているため、岸田が実際に参加するかどうかは不明です。 。

日本の岸田文雄首相は2021年12月24日に東京のジャーナリストと話します。(京堂)

国連の会議は、核軍縮と不拡散の進展を評価するために5年ごとに開催されます。 次のセッションは当初2020年に行われる予定でしたが、COVID-19のパンデミックを考慮して延期されました。

原爆投下した広島市の衆議院議員であり、非核兵器地帯の擁護者である岸田文雄氏は、2015年の最後の外相会議に出席した。

一方、岸田文雄は、ジョー・バイデン米大統領との初の公式サミットを早期に開催することに興奮を表明している。

しかし、一部の民主党員から米国の支出法案へのパンデミックと反対は、1月17日に日本議会が定例会議を召集する前の岸田とバイデンの会談が困難になる可能性があることを意味します。

岸田文雄首相は、NPT会議への参加に加え、オーストラリアを訪問してスコット・モリソン首相と会談することも検討している。

会談が進めば、岸田文雄とモリソンは、中国の台頭に直面して、より緊密な二国間防衛協力と、米国とインドを含む4カ国のグループであるクワッドの重要性を確認することが期待される。


関連する報道:

米国は日本に核兵器禁止条約会議に参加しないよう要請する:情報源

国連は28年連続で日本の反核決議を採択

ドイツは、新政府の下での政策変更における核兵器禁止交渉を監視する


。日本の岸田首相は、1月にニューヨークで開催されるNPT再検討会談に出席する予定です。

Source#日本の岸田首相は1月にニューヨークで開催されるNPT再検討会談に出席する予定です

Leave a Comment