日本の岸田首相が議会でCOVIDに対する政府の対応を擁護

岸田文雄首相は水曜日に議会でコロナウイルスに対する政府の対応を擁護し、パンデミックの影響を緩和するための経済的措置に資金を提供するための補足予算を提示するには遅すぎるという主要野党の指導者からの批判を拒否した。 -19。

岸田文雄氏は、立憲民主党の新党首である泉健太氏が、自民党主導の政府は6月のCDPJの追加予算案に留意すべきだったとの主張を無視し、政府と与党は「その時点で利用可能なすべての対策」。

日本の岸田文雄首相(右)は、2021年12月8日に東京で開かれた衆議院の本会議に出席します。(京堂)==京戸

10月に就任した首相は、月曜日に国会に提出された追加予算によって部分的に資金提供される政府の最新の経済刺激策で日本経済を復活させることを約束した。

「総額55.7兆円(4,910億ドル)の巨額の財政支出で、日本経済をできるだけ早く回復の道に戻し、パンデミック後の新しい社会への道を開く」と岸田氏は語った。 。 。

先週、10月の総選挙で野党幹部が議席を失ったことで新CDPJ党首に選出された泉氏は、党からの会期延長要請を無視したとして、政府と連立党を批判した。補足予算について話し合う。 6月は総額33兆円。

その後、立憲民主党の政策責任者を務めた泉氏は、野党が提案した追加予算についての議論を呼びかけた。 コロナウイルス感染の第5の波は、予算について話し合う機会を逃した後、今年の夏に日本で発生したと彼は主張した。

子育て中の世帯に5万円の現金と5万円のバウチャーを届けるという政府の刺激策の鍵となる措置として、泉氏は10万円を全額現金で提供することを提案した。バウチャーを配布します。 。

立憲民主党の党首である泉健太(右)が、2021年12月8日に東京で開かれた衆議院の本会議に出席する。(京堂)==京堂

彼はまた、バウチャーの提供は、COVID-19に対する追加ワクチンを実施する準備をしている地方自治体の負担を増大させるだろうとも述べた。

岸田文雄氏は、「地方自治体の意見を聞いて、どう対処するかを考える」と述べた。

岸田文雄が月曜日の臨時議会の冒頭で政治演説を行った後、党代表が議会で彼らに質問し始めたとき、2人は口頭で衝突した。 セッションは12月21日まで実行されます。

。日本の岸田首相が議会でCOVIDに対する政府の対応を擁護

Source#日本の岸田首相が議会でCOVIDに対する政府の対応を擁護

Leave a Comment