日本の岸田氏がNPT会議で核のない世界のための行動計画を推し進める

日本の岸田文夫首相は月曜日、核拡散防止条約の再検討会議で行動計画を発表し、核兵器のない世界を実現するために力を合わせるよう国際社会に呼びかけた。

岸田氏は、国連で開催された集会に参加した最初の日本の指導者として、核保有国に核兵器の透明性を高めるよう呼びかけ、日本は、若者が訪問を通じて原爆について学ぶのを支援する国連基金を設立するために1,000万ドルを寄付すると述べた。広島、長崎へ。

2022年8月1日、ニューヨークで開催された核拡散防止条約再検討会議で演説する岸田文夫首相(共同)

広島と長崎は、1945 年 8 月に米国の原子爆弾によって荒廃した日本の 2 つの都市でした。

岸田氏は、核兵器のない世界への道は、ウクライナでの戦争で核兵器を使用するというロシアの脅威が警告を発しているため、特に困難になっていることを認めた.

しかし、広島の憲法から選出された首相は、その道をあきらめることは「選択肢ではない」と述べた.

岸田首相は「広島の首相として、核兵器のない世界に向けて一歩一歩現実的な手段を講じなければならないと信じている」と岸田氏は英語で演説した.

岸田外相は、核兵器不拡散条約の再検討会議に提出された「広島行動計画」の下で、核兵器の不使用の記録を継続することが重要であると強調し、すべての核兵器保有国に対し、核兵器不使用に関する情報を開示するよう促した。核分裂性物質の生産状況。

核兵器管理に関する世界で最も広く批准された協定であるこの条約は、英国、中国、フランス、ロシア、米国を核保有国として認めています。

この協定は、核兵器と技術の拡散を防ぎ、核エネルギーの平和利用を促進し、核軍縮を達成することを目的としています。

岸田氏は、ロシアのウラジミール・プーチン大統領が自国の核戦力を厳戒態勢にするよう命令したことや、ザポリージャ原子力発電所とチェルノブイリ原子力発電所に対するロシアの攻撃に暗に反対した。

岸田氏は「最近ロシアが行ったような核兵器の使用の脅威を決して容認してはならない」と述べ、「最近のロシアによる核施設への攻撃は容認してはならない」と付け加えた。

北朝鮮は今年、多数のミサイル実験に続いて核実験を実施する準備ができていると伝えられているため、岸田氏はまた、日本は国際社会と連携しながら北朝鮮の核とミサイルの問題に対処すると述べた。

首相はまた、世界の核備蓄の減少傾向を維持するよう求めた。

日本は「さらなる削減のために米国とロシアの間で行われた対話を支持し、米国と中国が核軍備管理と軍縮に関する二国間対話に参加することを奨励する」と彼はさらに付け加えた.

岸田外相はまた、包括的核実験禁止条約の発効に向けた機運を高めるために、日本は9月の国連総会中に首脳レベルでCTBTフレンズの会合に同意すると述べた。

彼は、日本は核軍縮について議論するために、政治指導者や学者などの「著名人」の国際会議を11月23日に広島で開催すると述べた。

ロシアのウクライナ侵攻を受けて日本が平和のメッセージを送ることを目指している西日本の都市は、来年5月に主要7カ国首脳会議を主催する。

岸田首相は演説で「原爆による惨事を二度と繰り返さないという、広島からの確固たる決意を示すつもりだ。

[1945年8月6日に米国が投下した原子爆弾は、広島で推定140000人を殺し、その3日後に長崎で別の原子爆弾を投下したことで、その年の終わりまでに推定74000人が死亡した。

見直し会議は5年ごとに開催されます。 会議の最新のラウンドは 2020 年に開催される予定でしたが、COVID-19 パンデミックの中で延期されました。

岸田氏は外務大臣だったが、前回の会談は参加者間の意見の相違により結果文書なしで終了した。

米国の核の傘の下で保護されている日本は、2021 年に発効した核兵器禁止条約に、特に原爆被爆者から東京に署名するよう求めたにもかかわらず、参加していません。

この条約には署名国としての核保有国はありません。

。日本の岸田氏がNPT会議で核のない世界のための行動計画を推し進める
Source#日本の岸田氏がNPT会議で核のない世界のための行動計画を推し進める

Leave a Comment