日本の岸田文雄がASEMで中国の人権問題に懸念を表明

日本の岸田文雄首相は、金曜日に行われたアジアとヨーロッパの約50か国の首脳会議での発言の中で、中国の人権問題について深刻な懸念を表明した。

2日間のアジア欧州会合サミットの最終日、岸田氏は香港と中国北西部の新疆ウイグル自治区の人権状況について懸念を表明した。

岸田文雄氏はまた、中国の軍事力強化を批判しているようで、中国の東海と南海の現状を変える一方的な試みに強く反対していると述べた。

サミット初日の木曜日の欧州諸国の首脳も、人権やその他の問題をめぐる中国と他国との間の摩擦について懸念を表明した。

スクリーンショットは、2021年11月26日に開催されたアジアヨーロッパオンライン会議(ASEM)を示しています。(共同通信)


関連する報道:

中国が中心的な舞台となる中、アジアとヨーロッパの指導者が事実上会合する


金曜日の会議の締めくくりとして、サミットを主催したカンボジアのフン・セン首相は、「過去25年間、ASEMはアジアとヨーロッパを結び、両大陸間のパートナーシップを促進する重要なプラットフォームであることが証明された」と述べた。

カンボジアは大統領として、コロナウイルスのパンデミックに対応するためにASEM加盟国間の協力を強化することについて声明を発表した。 声明の中で、加盟国は、各国がコロナウイルスワクチンへの公正な国内アクセスを持ち、パンデミックからの経済回復のための協力を加速する必要性を強調した。

彼らはまた、2月にアウンサンスーチーが率いる文民政府を倒した後、軍が権力を掌握したミャンマーに対して深い懸念を表明した。

ASEMの指導者たちは、東南アジア諸国連合からの特別使節を受け入れるよう理事会に要請した。この使節は、国の利害関係者の間を仲介することになっている。

ASEAN筋によると、ミャンマーは「非政治的代表者」しか出席できないと言われた後、サミットに参加しなかった。

一方、首脳は南シナ海の領土問題について具体的に言及せず、一般的に国際法と航行の自由に基づく紛争の平和的解決の重要性についてのみ言及した。

ASEMには、欧州とアジアの約50か国、および欧州連合とASEAN事務局が関与しています。

。日本の岸田文雄がASEMで中国の人権問題に懸念を表明

Source#日本の岸田文雄がASEMで中国の人権問題に懸念を表明

Leave a Comment