日本の岸田文雄がアジアにおける安全保障の役割を拡大することを誓う

日本の岸田文雄首相は、アジアの最高の安全保障サミットであるシャングリ・ラ対話の前にシンガポールで行われた金曜日の基調講演で、国の軍事力を強化し、東南アジア諸国の海上安全保障を支援する計画を発表した。

「ウクライナは明日東アジアになるかもしれない」と彼は述べ、台湾問題が東アジア全体の平和に差し迫った脅威をもたらす可能性があることを示唆した。 その後、岸田文雄は、典型的なハト派の東京が潜在的な攻撃から身を守るためにカウンターストライク兵器を取得することを計画していることを明らかにした。

「岸田平和ビジョンは日本の外交と安全保障を強化するだろう」と彼は述べ、東南アジア諸国に巡視艇を供給するために割り当てられた援助パッケージを含め、今後5年間で国防費を大幅に増やすという東京のコミットメントを繰り返した。 それらの国のいくつかは、南シナ海の一部をめぐって中国に対してライバルの主張をしている。

米国国防長官のロイド・オースティンは、人民解放軍が危機的コミュニケーションの改善と戦略的リスクの軽減に関して実質的な対話を行うことの重要性を強調した。

米中軍事指導者がシンガポール対話で会う

中国の国営環球時報は、岸田文雄の演説の数時間前に発表された意見記事で日本のイニシアチブを批判した。 「日本は、「ロシア・ウクライナ危機のような危機がアジアで起こるのを防ぐ」という口実を使って、NATOとの衝突の動きを正当化し、中国を標的にするという目標を達成するよう地域諸国を説得する」と述べた。

日本の指導者はまた、北朝鮮がその進化する核兵器とミサイル兵器を展示するために今年少なくとも18ラウンドの兵器テストを実施したことへの懸念を表明した。 彼はまた、国連安全保障理事会が決議を拒否するメンバーの能力のために平壌に対して行動しなかったことに失望を表明した。

日本では、国の予算の2%を軍事費に充てるという議論が盛んに行われています。 アナリストは、この動きを、第二次世界大戦の終結以来軍事費を避けた後、東京が米国の影から抜け出そうとする試みと見ています。

。日本の岸田文雄がアジアにおける安全保障の役割を拡大することを誓う
Source#日本の岸田文雄がアジアにおける安全保障の役割を拡大することを誓う

Leave a Comment