日本の岸田内閣の承認率は過去最低を記録する

©新華社提供

7月10日の参議院選挙での連立与党の勝利と、7月8日の選挙演説で致命傷を負った安倍首相の衝撃的な死を​​きっかけに、岸田内閣の史上最高の支持を受けて、急激な落ち込みが起こった。

東京、8月1日(新華社)-岸田文雄首相の内閣の承認率は、わずか数週間前の過去最高の63.2%に比べて過去最低の51.0%に低下した、と共同通信の調査が日曜日に示した。

全国2日間の電話調査の結果によると、今週末の支持率は岸田政権が2021年10月に就任して以来最低だった。

調査対象者のうち、安倍晋三元首相の葬儀に反対しているのは53.3%、国葬については国葬の議論が必要だと答えたのは61.9%だった。

7月10日の参議院選挙での連立与党の勝利と、7月8日の選挙演説で致命傷を負った安倍首相の衝撃的な死を​​きっかけに、岸田内閣の史上最高の支持を受けて、急激な落ち込みが起こった。

しかし、前首相のために国葬を行うという政府の決定は、そのような葬式を行うための法的規定はないと言った野党と国民から強い批判を集めた。

©新華社提供

生活費の上昇につながったCOVID-19感染の復活と商品価格の高騰も、岸田内閣の支持率の低下に寄与しました。

COVID-19の症例が急増する中、調査では、回答者の53.3%が政府のCOVID-19の回答を支持しており、7月11〜12日に実施された前回の調査から7.7%ポイント減少しました。

政府の物価上昇策を承認しないと答えたのは約63.6%で、承認したのは28.1%だった。

調査では、固定電話と1,877の携帯電話番号で有権者がいる、ランダムに選択された509世帯に電話をかけ、世帯から425人と携帯電話ユーザー625人から有効な回答を得ました。

。日本の岸田内閣の承認率は過去最低を記録する
Source#日本の岸田内閣の承認率は過去最低を記録する

Leave a Comment