日本の小惑星探査機は23個のアミノ酸を発見しました、研究者は確認します

科学誌などに発表された新しい研究によると、日本のはやぶさ2宇宙探査機によって持ち帰られた小惑星のサンプルから、合計23種類のアミノ酸が見つかり、地球上の生命の起源にさらに光を当てています。

日本の北海道大学と東京工業大学の研究者を含む2つのチームと岡山大学の研究者を含む2つのチームが金曜日に2つの研究を発表しました。

2020年後半に回収されて以来、国内外の研究者がサンプルを分析しています。サンプルを地球に送り返した後、はやぶさ2は別の小惑星へのミッションを開始しました。

アミノ酸は、生命に不可欠なタンパク質の構成要素です。 小惑星リュウグウから集められたものには、うま味の原因となるグルタミン酸と、人体では合成できないバリンが含まれていることがわかった。

アミノ酸が地球で発生したのか、宇宙から到着したのかは、多くの科学的議論のトピックとなっています。 はやぶさ2の結果は、後者の仮説を支持しているようです。 …読み続けて

6月10日(日テレニュース)-生活はやぶさってたか?。砂を寄り、人生相談となる「な」がれされたのです。…続きを読む


科学技術ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の小惑星探査機は23個のアミノ酸を発見しました、研究者は確認します
Source#日本の小惑星探査機は23個のアミノ酸を発見しました研究者は確認します

Leave a Comment