日本の小売グループにとって重要な市場であるベトナム| 仕事

ベトナムの小売大手イオンのマックスバリュ東海店(写真:asia.nikkei.com)

東京(VNA)- 日経アジアは最近、 日本の小売グループ、小売大手のイオンを含む、多くのグループが ベトナム市場

COVID-19のパンデミックは、外国投資に対する障壁の低下と相まって、イオンがより多くのベトナムの消費者に到達する機会と見なすものを生み出しました。

このグループは、2025年までにベトナムに約100のMaxValuスーパーマーケットをオープンする予定であり、現在のハノイ地域の4つから増加しています。

「小売グループは、ウェットマーケットが肉、魚、生鮮食品で群衆を引き付ける首都で、少数の大規模な外資系競合他社に直面しています。」 日経アジア コメントしました。

同紙は、同グループの東南アジア事業を担当する岡崎総一氏を引用し、ベトナムは小売大手の対外戦略にとって最も重要な市場であると述べた。

これらのベンダーは、今年ベトナムの大都市で一連のCOVID-19が発生した後、買い物客が遠ざかっていることを確認しています。

EON 延床面積500平方メートル以上の大型店を増設します。

イオンは規模を追求する中で、ベトナムのスーパーマーケットのリーダーであるマサングループと230店舗を運営するタイのセントラルグループを追いかけます。

東南アジアの消費者に注目している日本のグループはイオンだけではない、と記事は続く。

住友商事は、地元のコングロマリットであるBRGグループとともに、ベトナムに日本型スーパーマーケットチェーンのフジマートをさらにオープンする予定です。 FujiMartはハノイに3か所あります。

また、ドン・ドン・ドンキの店舗チェーンであるパン・パシフィック・インターナショナル・ホールディングスは、2030年6月期の海外売上高を1兆円(87億2000万ドル)に拡大することを目指している。会計年度。

コンビニエンスストアの運営会社であるファミリーマートは、東南アジアの5か国に事業を拡大し、その製品ラインを地域のニーズや好みに適合させています。

。 日本の小売グループにとって重要な市場であるベトナム| 仕事

Source#日本の小売グループにとって重要な市場であるベトナム #仕事

Leave a Comment