日本の宇宙旅行単段式宇宙輸送機(SSTO)の再利用可能なロケット。 観光丸(観光丸、観光丸)

観光丸は、1993年から日本ロケット協会によって研究されてきた、提案された垂直離着陸(VTVL)、単段式宇宙輸送(SSTO)、再利用型宇宙往還システムです。

1997年7月の文書によると、川崎重工業と三菱重工業が製造していたとのことです。

乗客定員は観光バスと同じ50名で、乗務員はパイロットとスチュワーデスがそれぞれ2名。 客室は2階建てで、座席は外側を向いて円形になっているため、すべての乗客が座って窓の外を見ることができます。 コックピットと宇宙ホテルの入口は2階にあり、離着陸用の2つの入口と出口とトイレは1階にあります。 無重力の水泳スペースは1階と2階の階段吹き抜けで、大きな窓があります。 2階のエントランスは2倍になっており、宇宙服を着れば外での活動ができます。







日本の宇宙旅行単段式宇宙輸送機(SSTO)の再利用可能なロケット。 観光丸(観光丸、観光丸)
Source#日本の宇宙旅行単段式宇宙輸送機SSTOの再利用可能なロケット #観光丸観光丸観光丸

Leave a Comment