日本の宇宙探査機が初めて小惑星に水を発見

日本の探査機「はやぶさ2」が採取した小惑星のサンプルから水が発見された。これは初めての発見であり、地球の海がどのように形成されたのかを明らかにするものである。

この調査結果は、東北大学、宇宙航空研究開発機構などの研究チームによって、サイエンス誌に木曜日に掲載されました。 研究者は、はやぶさ 2 から送られた小惑星リュウグウのサンプルを分析しました。

微量の水は、幅数ミクロンの硫化鉄結晶のくぼみで発見されました。 太陽系が形成された直後、約46億年前のものと推定されています。 リュウグウにいる間、水は氷ではなく液体だったようです。 水は、二酸化炭素、塩、および有機物質を含む炭酸塩の形をしていました。 …読み続けて

SEP 23 (テレ東 BIZ) – 日本の調査「はやぶさ 2」が持ち帰った小惑星「リュウグウの石の中へ、水がのの状態で保存されていてたいことがわかりました。 … 続きを読む


科学技術のページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の宇宙探査機が初めて小惑星に水を発見
Source#日本の宇宙探査機が初めて小惑星に水を発見

Leave a Comment