日本の子供たちは幼い頃から無意識の性別偏見を身につけている

日本の大学が実施した調査によると、4 歳から 7 歳までの子供たちは、優しさと知性という特徴を、女性らしさと男性らしさという伝統的な性別ステレオタイプと結びつけていることがわかりました。

今月初めにジャーナル Scientific Reports に掲載された調査結果は、565 人の日本人の男の子と女の子を調べたところ、女の子は 4 歳のときに男の子よりも親切だと思い始め、男の子は比較的親切だと思い始めることがわかりました。彼らは年上です。 ターン7

2019年5月に撮影された写真は、東京の北にある新潟市の学校に向かう小学生のグループを示しています. (経堂)

10 月 11 日にオンラインでレポートが公開された研究者たちは、世界経済フォーラムが今年の男女格差で 146 か国中 116 位にランク付けした日本の固定観念の起源を明らかにしようとしました。

著者らは、固定されたジェンダーの役割がジェンダー格差を助長し、定着させることに注目しました。 それは、子供たちが特定の種類のクラスに向けられる幼い頃に始まり、その後、大人としての職業に影響を与えます. その一例が科学の分野で、男性よりも女性の数が少ない。

この研究では、京都大学などの研究機関の研究者が、子供たちのグループに、「ナイス」または「インテリジェント」な特徴を示す大人と子供の架空の話をしました。 両方の性別の写真と棒線画を使用して、子供たちはそれぞれの特徴に関連する性別を選択するよう求められました。

すべての年齢層の女の子の 70% 以上が、協調性を女性の特徴と見なしていました。

知能については、4歳から6歳までは性差が見られなかったが、7歳になると、女児よりも男児の方が性別に関連する割合が高くなるという変化が見られた。

調査チームは、世界経済フォーラムのレポートで 27 位にランクされている米国の男の子よりも、日本の男の子が「明るさ」を男性的な特徴として関連付け始めるのが遅いことを発見して驚いた. 外部の研究によると、ほとんどのアメリカの子供たちは6歳のときにそれを始めている.

この研究では、親の態度が知性に関する子供の反応に影響を与えるようには見えませんでした。

著者らは、その理由の 1 つは、日本人の親が、子どもが学齢期になるまで、ジェンダーに固定化された能力、特に知的能力を期待していないため、就学前の子どもを平等に扱っていることにあるのではないかと推測しています。

年長の子供に対する親の性別の態度については、さらに研究が必要である、と彼らは述べた。

研究に参加した京都大学の森口裕介准教授は、固定観念が子供たちをどれほど無頓着にマークするかを指摘した。

「保護者や教育者からの即席のコメントは、子どもたちの考えに影響を与える可能性があります。私はステレオタイプの起源を見つけることによって、性別の仮定を緩和したいと考えています.」

日本の子供たちは幼い頃から無意識の性別偏見を身につけている

Source#日本の子供たちは幼い頃から無意識の性別偏見を身につけている

Leave a Comment