日本の天皇は、パンデミックの中で「希望の火」を保つよう人々に呼びかけます

今上天皇は、水曜日の62歳の誕生日の際に、コロナウイルスの大流行による課題に直面して、日本の人々に「希望の火」を燃やし続け、互いに支え合うよう呼びかけました。

皇帝はまた、過去1年間に被った損失に哀悼の意を表しつつ、医療従事者と長引くパンデミックと戦ってきた多くの人々に感謝していると述べた。

今上天皇は、2022年2月21日に東京の皇居で行われた記者会見で、2月23日の62歳の誕生日を前に講演します。(プール写真)(京堂)

帝国での記者会見で、「困難な状況は続くが、お互いを気遣い、痛みを分かち合い、支え合うことで、辛抱強くこの厳しい現実を乗り越えることができると強く信じている」と語った。彼の誕生日を前に東京の宮殿。

皇帝は、パンデミックにより人々と直接会うことが困難になったと述べながら、今年は皆がお互いの絆を大切にしてくれることを望んでいると語った。

皇帝は通常、皇居でその機会を祝うために大衆に挨拶しますが、コロナウイルスの蔓延を防ぐために、彼の誕生日の演説は3年連続でキャンセルされました。

記者会見では、10月に姪の元姫眞子が庶民の小室圭と結婚した後、「幸せな生活を送る」ことを願っています。 しかし、皇帝は、夫の家族を巻き込んだ金銭紛争をめぐる長年の論争に続いて、「多くの人々に懸念を引き起こした」ことを残念に思ったと述べた。

結婚して王室の地位を放棄した眞子内郎さん(30)は、11月に夫と一緒にニューヨークに引っ越した。

宮内庁は、結婚前に、一連のメディア報道と金融紛争に関するオンラインコメントに続いて、元王女が複雑な外傷後ストレス障害と診断されていたことを明らかにしました。

「一般的に言って、誰かについて意見を述べるとき、それは時々人々の感情や立場を傷つけるかもしれないことを心に留めておく必要があると思います」と彼は言いました。

皇帝は、身近な家族について、ストレスによる病気と長い間闘ってきた妻の皇后雅子(58)を引き続き支援すると述べた。

彼は、東京の学習院大学の学生である彼の一人っ子の愛子内親王が、12月に20歳になった後、彼女の成人式を終えたことを嬉しく思っていると述べた。

「皇室の成人の一員として、私は彼女に彼女のそれぞれの義務を大切にし、遂行してもらいたい」と皇帝は言った。

昨年夏の東京オリンピック・パラリンピックについて質問された皇帝は、パンデミックにより1年間延期された後、試合を可能にしてくれたスタッフ、ボランティア、医療従事者に感謝の意を表した。

彼は、東京オリンピックとちょうど終了した北京冬季オリンピックの間に、さまざまな国のアスリートが互いに交流しているのを見て感動したと述べた。

「国の間にはさまざまな緊張関係がありますが、人と人との交流が国や地域の境界を越え、誰もがお互いを受け入れられる平和な世界につながることを願っています。」

。日本の天皇は、パンデミックの中で「希望の火」を保つよう人々に呼びかけます
Source#日本の天皇はパンデミックの中で希望の火を保つよう人々に呼びかけます

Leave a Comment