日本の大阪での診療所火災後、放火の疑いで24人が死亡したことが確認された

©新華社提供

大阪の北新地地区にある建物の4階にある診療所で心身医学と精神医学の治療を行っていたところに火災が発生しました。

東京、12月17日(新華社)-金曜日に日本の大阪府の診療所で発生した火災で少なくとも24人が死亡したことが確認された、と警察は言い、彼らは放火容疑で事件を調査していると付け加えた。 。

大阪の北新地地区にある建物の4階にある心身医学と精神医学の治療を提供する診療所の中で火災が発生しました。

現地時間の午前10時20分頃に火災報告を受けた後、地元の消防署は約70台の消防車と救急車を現場に派遣しました。

約25平方メートルのエリアで約30分間燃えた後、現地時間の午前10時45分頃に消火されました。

消防士によると、これまでに合計28人が火事で負傷し、そのうち男性17人と女性10人を含む27人が心肺停止状態にあり、生命の兆候は見られなかった。

これまでのところ、ある病院の医師は少なくとも24人の死亡を確認しています。

©新華社提供

消防士によると、負傷者のほとんどは、JR大阪駅近くにある8階建てのマルチテナントビルの4階から救助され、20代の女性が6階から引っ張られた。

大阪府警は、現場の状況から放火の疑いがあったため、火災の原因を調査し始めた。

地元メディアは、調査筋を引用して、日本の西部の北区の建物で「人が火をつけた」という報告があったと報じた。

警察はまた、60代の男性が持ち込んだ紙袋から液体が飛散したことから火災が発生したことを知らされた。

©新華社提供

目撃者から、容疑者が診療所の受付の近くに鞄を置いたという報告があった。

近くのレストランで働いていた目撃者は、「煙が出て、消防車や救急車がたくさんあった。はしごで救助されていた。ある時、近くで停電があった」と述べた。

「外を見ると、ビルの4階の窓にオレンジ色の炎が見えた」と近くの事務所で働いていた別の目撃者は言った。 「女性が6階の窓から手を振って助けを求めていました。」

。日本の大阪での診療所火災後、放火の疑いで24人が死亡したことが確認された

Source#日本の大阪での診療所火災後放火の疑いで24人が死亡したことが確認された

Leave a Comment