日本の大学試験は、カンニングを防ぐためのより厳しい規則から始まります

日本の 2 日間の統一大学入試は土曜日に全国 679 か所で始まり、1 つのテーマに約 465,000 人の参加者が集まりました。イベント。

全国紙によると、主催者はコロナウイルス対策も実施しており、国が第 8 波の感染に取り組んでいるため、メイクアップ テストを受ける予定の受験者に 38 ℃ 以上の体温があるかどうかを確認するよう求めるなどの措置を講じています。大学入試センター。

試験が行われる大学でも、昨年、東京大学の外で試験に参加した学生2人が刺殺される事件が発生した後、警察が受験者の安全確保に協力するなど、警備が強化されています。

2023年1月14日、東京で大学統一試験を受ける学生たち(共同)

文科省関係者によると、志願者数は昨年から1万7786人減って51万2581人になった。 通常、最も多くの参加者が集まる外国語テストは、土曜日に 465,043 人、つまり 90.7% が受験しました。

同センターによると、記録的な 870 の大学、単科大学、および高等学校が、その結果を選考プロセスに使用しています。

西日本、山口県の大学キャンパスでは、実験室で煙が検出され、火災警報器が作動し、日本語のテストの開始が 30 分遅れました。 現場で検査を受けた 548 人のうち、負傷者は報告されていません。

新しいチート防止ポリシーの一環として、主催者は、試験中にヘッドフォンを着用すると不正行為と見なされ、不正行為の証拠が見つかった場合は警察に報告される可能性があると受験者に警告しました.

他のレビューには、試験前に受験者に携帯電話を机の上に置き、電源を切り、バッグに入れるように求める監督者も含まれています。

試験の前に、主催者は、受験者が注意する必要があることのリストと、入場券を送信しました。

昨年、当時19歳だった大阪府立大学生が、大学入試統一問題を漏らした疑いで検察に送致された。 その後、大阪家庭裁判所に送致され、2年間の保護観察処分となった。

彼はジャケットの袖に隠したスマートフォンでスカイプ経由で世界史の質問の写真を撮った画像を、テストの回答を求めた東京大学の少なくとも 4 人の学生に送信しました。

志願者は、土曜日に次の科目(地理、歴史、公民、国語、外国語)の全部または一部の試験を受け、日曜日に理科と数学の試験を受ける予定です。


関連記事:

日本の大学をだます計画を立てた疑いで、中国人男性が逮捕された。 テスト

女性は、日本の大学とされるものに投降します。 カンニングをする

マスクで鼻を覆わなかった学生は大学で失格。 試験


日本の大学試験は、カンニングを防ぐためのより厳しい規則から始まります

Source#日本の大学試験はカンニングを防ぐためのより厳しい規則から始まります

Leave a Comment