日本の外国人参入者向けオンライン手続きが始まる

日本政府は金曜日に、来週の入国制限の緩和に先立ち、外国人入国者のためのオンライン手続きを開始した。

必要な手続きは保健省のウェブサイトからアクセスでき、入国者、帰国者フォローアップシステム、またはERFSによって運営されています。

日本は、コロナウイルスのオミクロン変異体に対する対策の一環として、外国人の新規参入を基本的に禁止しています。 しかし、制限は来週の火曜日から緩和されるでしょう。

外国人の入国を容易にする学術機関や企業は、入国者のパスポートデータと、日本に到着した際に自己隔離する場所を事前にERFSシステムに登録する必要があります。

受入機関はまた、参加者に徹底的な感染防止対策を実施させるという誓約に同意する必要があります。 申請者が海外の日本の外交使節団でビザを申請するための手続きが必要です。

オンラインでの申し込みは24時間受け付けます。 保健省当局者によると、ビザは申請から最短で約1週間後に発行されるという。

外国人や受入機関は手続きの開始を歓迎しているが、航空券を予約できるかどうかを懸念する人もいる。

到着時の1日あたりの上限は、日本人を含み、外国人観光客を除いて、3,500から5,000に引き上げられます。 政府は、国内外の感染状況や帰国を希望する日本人の要望に応じて、規制をさらに緩和するかどうかを検討する。

僕コロナの実でして」とれさってていた日本さんの水際べがさってますますます日本家のししのししししの留職とと水際の防をしとします月からた日本政府外国人留学生も来日でしれありがが入国者数しさししててり敬留学生留学生間でありは下「日本ペア」が加速してからよです。-TBSNews。







日本の外国人参入者向けオンライン手続きが始まる
Source#日本の外国人参入者向けオンライン手続きが始まる

Leave a Comment