日本の地方の外国人労働者は語学学校にアクセスできない

東京11 月 9 日 (日経) – 日本の地方自治体の 46% の外国人労働者は、必要な数の教師を確保するのに苦労しているため、日本語教室への十分なアクセスがありません。

文化庁の報告によると、有資格の日本語教師の 40% 以上が東京に配置されており、生徒と教師の平均比率は約 5.2 対 1 です。山形県の地方では、この数字は最大 49.2 人の生徒を撃ちます。先生ごと。 国内最悪。

パンデミックの国境制限が緩和されると、外国人労働者が日本に戻ってきます。 支援インフラ、特に日本語教育の強さは、彼らの成功と福利にとって不可欠です。

2019年6月、日本は日本語教育振興法を可決し、外国人労働者とその家族が全国で十分な日本語教育を受けることができるようにしました。 しかし、多くの分野での現実は、この目標が達成されるには程遠いことを示しています。 …読み続けます


教育ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の地方の外国人労働者は語学学校にアクセスできない

Source#日本の地方の外国人労働者は語学学校にアクセスできない

Leave a Comment