日本の司祭が韓国の裁判所で盗まれた像の返還を要求する

日本の僧侶が韓国の法廷審問で、10年前に彼の寺院から盗まれた古代の彫像の早期返還を訴えました。

田中節庄は、長崎県対馬市にある観音寺仏教寺院の住職です。 彼は水曜日に初めて法廷に出廷した。

蓮華座の菩薩像は2012年に寺院から盗まれ、後に韓国で発見されました。 像は現在、国の政府によって保持されています。

銅像の所有権を主張する韓国中部のブソク寺院は、政府に銅像を寺院に引き渡すよう要求する訴訟を起こした。

寺院は法廷で、中世に日本の海賊によって朝鮮半島からその人物が以前に盗まれたと主張した。

韓国中部の大田市の裁判所は、2017年に像をブソク寺院に引き渡すよう命じました。

政府は判決を高等裁判所に上訴した。

6月16日(ANNnewsCH)-長崎県対馬市で盗た仏像を巡り、寺の住職が上法裁判所で証言しました。…続きを読む


社会のページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の司祭が韓国の裁判所で盗まれた像の返還を要求する
Source#日本の司祭が韓国の裁判所で盗まれた像の返還を要求する

Leave a Comment