日本の卸売インフレ率は11月に記録的な9%に達する

東京(ロイター)-日本の卸売インフレ率は11月に過去最高の9.0%に達し、9か月連続で収益を押し上げ、供給のボトルネックと原材料コストの上昇による価格上昇の兆候を示しています。

コスト圧力の高まりと、円安による輸入品の高騰が、コロナウイルスのパンデミックによる消費の減少から生じる世界第3位の経済大国の苦痛をさらに高めています。

「日本はたくさんの商品を輸入しているので、さまざまな商品の価格が上がる可能性があります。それは消費に影響を与える可能性があります」と、北林中金研究所のチーフエコノミストである南武氏は語った。

企業が商品やサービスに対して互いに請求する価格を測定する企業財価格指数(CGPI)の前年比の上昇は、1981年に比較可能なデータが利用可能になって以来、最も速いペースでした。

日本銀行のデータによると、10月の市場予測の中央値は8.5%上昇し、8.3%上昇しました。

円安で輸入価格を測る指数は、エネルギーや食料品の輸入に大きく依存する日本の投入コストを膨らませていることから、11月は前年同月比44.3%と過去最高を記録した。

11月の石油と石炭の価格は前年比49.3%上昇し、10月の44.4%上昇から加速した。 データによると、その他の主要な要因は、23.9%増の鉄鋼製品と14.1%増の化学製品でした。 …読み続けます







日本の卸売インフレ率は11月に記録的な9%に達する

Source#日本の卸売インフレ率は11月に記録的な9に達する

Leave a Comment