日本の医学部の試験合格率で女性が男性を追い抜く

4月から始まった2021年度の日本の医科大学の合格率は、女性が初めて男性を追い抜いた。文部省の調査によると、入学試験での性別による差別が改善した兆候が明らかになった。数年前。

医学部を有する同国の81大学の女性の平均試験合格率は、男性の13.51%に対して13.60%であり、2013年度に比較可能なデータが利用可能になって以来、女性が男性を上回るのは初めてのことです。

結果は、女性の登録を制限するためのスコア操作を認めた東京医科大学のスキャンダルを含む、2018年に表面化した一連の試験リギングスキャンダルの後に来ています。 啓示は最終的に政府が医学部の入学試験を調査するよう促した。







日本の医学部の試験合格率で女性が男性を追い抜く
Source#日本の医学部の試験合格率で女性が男性を追い抜く

Leave a Comment