日本の区は別々の名前で夫婦の結婚登録を拒否します

米国で結婚したときに自分の名前を保持していた日本人夫婦は、月曜日に東京区役所から、2つの異なる名前を使用して結婚を登録することはできないと言われました。

映画プロデューサーの柏木規与子と映画監督の想田和弘は、2018年に千代田区役所に結婚を登録しようとしていたことから、日本人夫婦に姓を共有させる法律に異議を唱えていました。

岡山県西部の出身である夫婦は、1997年12月に彼らが住んでいたニューヨークで別々の名前で結婚した。

日本での結婚の承認を求めて、二人は東京地方裁判所に訴訟を起こした。 昨年4月、裁判所は彼らの結婚を「有効」と判断したが、家庭裁判所がそれを処理する方が「適切」であるとして、結婚登録の問題を却下した。

区が婚姻届の受理を拒否したことを受けて、柏木とソーダは東京家庭裁判所に苦情を申し立てる。

夫婦が同じ名前を採用する必要があるという日本の民法の規定は、日本の夫婦にのみ適用されます。 …読み続けて

6月13日(tbsニュース)-アメリカで夫婦結婚、日本でも婚姻の有効が去て日本人の夫婦が13日、東京東京・千代田区役姻の結婚姻の結婚姻の婚姻の結婚姻の結婚姻し受理結婚された。…続きを読む


社会のページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の区は別々の名前で夫婦の結婚登録を拒否します
Source#日本の区は別々の名前で夫婦の結婚登録を拒否します

Leave a Comment