日本の労働市場のハードルは、外国人を何年にもわたって一時的な仕事にとどめています

日本の賃金構造に関する2021年の政府調査の日経分析によると、日本の外国人労働者が、たとえ彼らが長年一時的なフルタイムのポジションで苦労したとしても、正社員を探すのに苦労することは珍しいことではありません。

日本には約172万人の外国人労働者がいます。 49,000の職場が回答した2021年の調査によると、フルタイムのポジションにいる外国人労働者の47%が、派遣社員や契約社員などの「非正規職員」に分類されました。 技術系インターンなど、日本に短期滞在する外国人を含まない、5年から9年の勤続年数の非正規職員の割合は36%でした。

しかし、日本人スタッフを含めると、5年から9年の勤務を経て一時職にとどまっているのは16%に過ぎません。 これらの数字は、外国人労働者が日本人の同業者よりも恒久的な地位を獲得する可能性が低いことを示しています。

調査はまた、恒久的な仕事は一般的にはるかに良い支払いをすることを示しています。 「正社員」として10年以上勤務している外国人従業員の平均月収は、ボーナスや手当を含めて539,000円(4,146ドル)。 これは、会社に1〜2年在籍している人の2.2倍です。 非正規スタッフはわずか1.5倍でした。

外国人労働者の約9割が平均30万7000円以下で支払われている。

人材育成の専門家によると、問題の多くは、新卒者を一斉に採用して常勤の職に就くという日本の独特の伝統と、ある特定の企業での生涯雇用の文化に関係しているとのことです。 新卒者として採用された外国人労働者には、地元の人と同じ給与が支給されます。 …読み続けて


教育ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の労働市場のハードルは、外国人を何年にもわたって一時的な仕事にとどめています
Source#日本の労働市場のハードルは外国人を何年にもわたって一時的な仕事にとどめています

Leave a Comment