日本の内閣支持は安倍葬儀計画の後で51%の低い記録に落ちます

日本の岸田文雄首相の内閣の承認率は、安倍晋三前首相のために提案された国葬と統一教会との議員の可能な関係についての論争の中で、わずか数週間前の過去最高の63.2パーセントから史上最悪の51.0パーセントに下がった。 、共同通信の調査は日曜日を示した。

調査によると、回答者の53.3%が国葬に反対し、61.9%がイベントの開催に関する議会での議論が必要であると述べました。

日本の岸田文雄首相が2022年7月29日に東京の首相官邸でインタビューを行います。(京堂)==京戸

今週末の2日間の全国電話調査での承認率も、最近の新しいコロナウイルス症例の復活に続いて数を記録しています。 岸田政権の支持率は、2021年10月の発足以来最低であり、不承認率は7.1ポイント上昇して29.5%となった。

匿名を条件に発言した与党連立の上級議員は、支持率の急落は、特に政治家と統一教会とのつながりについての国民の懐疑論を反映していると述べた。

岸田文雄は、7月10日の参議院選挙の成功と、7月8日の選挙演説での安倍首相の致命的な銃撃に衝撃を与えた後、史上最高の支持を得た。

しかし、前首相のために国葬を行うという政府の最近の決定は、そのような葬式を行うための法的規定がないと言う反対派と一般の人々からの批判を引き出しました。

九州大学名誉教授の横田紘一氏は、「個人の追悼は人々の自由に影響を与える」と述べ、回答者の半数以上が「そうは言えない時期に」葬式に反対を示したことに驚いたと述べた。考えや気持ちであり、政府が持ち出したものであってはならない」と語った。

岸田文雄の自民党を含む政治家も、宗教団体との関係をめぐって安倍首相を標的にした武装勢力が出現した後、統一教会とのつながりについて精査に直面している。

調査では、回答者の80.6%が、政治家はグループとのつながりがあるかどうかを明確にする必要があると述べました。 日本共産党は議員のグループとの潜在的な関係について調査を開始したが、自民党はそれとグループの間に組織的な関係は存在しないと述べた。

茂木敏充自民党幹事長は火曜日、党が個々の党員を調査するかどうかについて明確な回答をすることを拒否したが、組織との取引において「厳格かつ慎重に」議員に警告すると述べた。

この国では、最近、COVID-19感染が急増し、過去最高を記録しました。一方、商品価格の上昇により、生活費は高くなっています。

COVID-19の症例が急増する中、岸田内閣のコロナウイルス反応は、7月11日と12日に実施された前回の世論調査から7.7ポイント減少し、過去最低の53.3%の支持を得ました。 、そうでない63.6パーセントと比較して。

調査では、固定電話と1,877の携帯電話番号で有権者がいる509のランダムに選択された世帯を呼び出しました。 世帯から425人、携帯電話ユーザー625人からの回答が得られました。


関連する報道:

日本の首相は、記録的なCOVID-19の症例にもかかわらず、制限は不要であると述べています

日本は今秋、安倍首相を殺害した国葬を行う

投票後、内閣の支持率は最高の63.2%に上昇


。日本の内閣支持は安倍葬儀計画の後で51%の低い記録に落ちます
Source#日本の内閣支持は安倍葬儀計画の後で51の低い記録に落ちます

Leave a Comment