日本の公立小学校では珍しい英語イマージョン プログラムを実施

中部地方の小学校が、公立小学校としては異例の英語イマージョンプログラムを実施している。

英語で授業を行うインターナショナルスクールや私立学校を除き、日本の公立小学校では英語の使用が制限されています。 3年生から英語を教え始める学校も多く、2020年度からは5・6年生で英語の授業が義務化されました。

しかし、愛知県豊橋市の八丁小学校では、各学年の特別授業で英語が主流。 日本語と倫理の授業を除くカリキュラム全体で使用され、日本語は教師が単語の意味を説明する必要がある場合にのみ使用されます。

2022年6月13日、愛知県豊橋市の八丁小学校で英語中心の算数の授業を受ける生徒たち(共同)

「さくらんぼは何個ありますか?」 2年生の数学の授業で、フィリピン出身の女性教師に質問したところ、多くの生徒が「知ってる!」と声を上げた。 英語で。

参加者の西谷美人さん(7)は「知らない言葉も、誰かの話を聞いているとわかる。授業は楽しい。将来は外国の人と話したい」と話した。

外国人と一緒に授業を行ってきた石田典之さん(46)は「最初は戸惑う子もいたが、想像以上に英語が理解できるようになった」と話した。

彼は、授業は日本語で行われるよりもゆっくりと進行し、より多くの準備時間を必要とするが、学校はこのプログラムが生徒にとって有益であると信じており、彼らの努力が全国の他の学校のモデルケースになることを望んでいる.

副校長の稲田恒久さん(53)は「(プログラムは)子どもたちの知的好奇心を刺激するものだと感じている。全英語クラス以外の生徒も含め、生徒の学力が向上した」と語った。

外国人居住者が多く、外国人居住者の多い市町村協議会にも加盟している豊橋市は、英語教育に力を入れています。

2020年度からの導入で、各クラス定員26名のクラスを市内全域から募集。

早稲田大学教授で世界家族研究所顧問の原田哲夫氏は「教員への支援や経済的支援には課題があるが、多様なバックグラウンドを持つ生徒が通う公立小学校でこのような授業を実現する意義がある」と語った。学校を支えるバイリンガルサイエンスの

原田さんは「小学校6年間で全教科を英語で学習するには不十分」と話し、「中学校や高校と連携する必要がある」と話した。


関連記事:

日本の小中学生数は1000人減。 十年で

FEATURE: キャッシュレス社会が定着する中、日本の子供たちは金融教育を学ぶ

FEATURE: 忍耐力と褒め言葉が子供の学習のカギ: 脳の専門家


.日本の公立小学校では珍しい英語イマージョン プログラムを実施
Source#日本の公立小学校では珍しい英語イマージョン #プログラムを実施

Leave a Comment