日本の全国高校野球選手権大会では、女子をボールの子供として認めています

コーシンとしても知られる全国高校野球選手権大会が日本で始まろうとしています。 トーナメントは国内で最も重要なスポーツイベントの1つと見なされており、今年はいくつかの革新が見られました。 現在、女の子はボールの子供として働くことが許可されています。

7月27日、日本高等学校野球連盟と朝日新聞は、第104回大会の新ルールを設定したと発表した。 これからは女の子もボールの子供たちの仕事を引き受けることができると言われています。

ボールキッズは野球選手権で重要な役割を果たします。 ゲームをできるだけ早く続行できるように、必要に応じてレフリーに新しいボールを渡します。 以前は、男の子だけがこの仕事をすることができました。

なぜ変化が起こっているのかはまだ発表されていません。 しかし、一般的に、主催者は女の子がチャンピオンシップに参加する機会を拡大しようとしています。

チャンピオンシップは8月6日に正式に始まります。 この現象は、近年、さまざまな創設者から繰り返し批判されています。 現在、学校は子供たちにチームを喜ばせるためにスポーツに行くことを強制しているので、応援の文化が会話の主なトピックです。 …読み続けて


スポーツページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の全国高校野球選手権大会では、女子をボールの子供として認めています
Source#日本の全国高校野球選手権大会では女子をボールの子供として認めています

Leave a Comment