日本の伝説によると、イエス・キリストは日本で生きて死んだ

日本の北部にある小さな町には、毎年何千人もの観光客が訪れ、イエス キリストの真の墓があると主張しています。 地元の伝説によると、彼は失われた年に日本を訪れ、仏教の精神的な訓練を受け、その後イスラエルに戻った. ローマ人の手による迫害の後、彼の弟は堕落し、イエスはロシアとシベリアを経由して愛する日本に戻り、米農家として再定住し、結婚して106歳で亡くなることができました. 彼は最後の意志と遺言を記した巻物を残し、その中で彼は自分自身をクリスマスの父であるキリストと呼んでいます。

そこにあります。 十字架につけられた弟のイスキリだけでなく、イエスは弟の耳と母親の髪の毛を形見として取りました。 新郷のイエスの日本人墓では、彼の遺骨はおそらく一方の塚の下に埋葬され、家族の記念品はもう一方の塚の下に埋葬されている. それぞれに大きな木製の十字架がトッピングされています。 好奇心旺盛な訪問者は、イエスの墓が今日立っている土地を所有している直系の子孫である沢口家に会う機会さえある.

北日本の新郷にあるキリストの墓への道を示す道路標識。 (ジャソヒル/ CC BY-NC-SAS 2.0 )

よく語られるキリスト教のイエスの話は、2,000 年以上前にベツレヘムで聖母マリアに生まれ、ナザレで育ち、ローマ総督の命令によりエルサレムの城壁の外にあるカルバリーで十字架につけられたというものです。 埋葬された後、神はイエスを磔刑から 3 日後に生き返らせました。これは、キリスト教における極めて重要な瞬間であり、神の力のしるしです。 日本のイエスの墓は事実上、歴史とキリスト教の基盤をひっくり返します。

そのような素晴らしい話を聞くと、それがどこから始まったのか疑問に思う. 1930 年代、神道の司祭が物議を醸した竹内文書を「発見」しました。 何千年も前にさかのぼり、それらはおそらくイエス自身によって書かれ、イスラエルから日本への脱出を説明しています。 原本は第二次世界大戦中に失われてしまいましたが、イエス レジェンド ミュージアムには古文書の複製が展示されており、キリストの故郷の酒を販売するギフト ショップもあります。 シンゴはまた、毎年6月に祭りを開催し、巡礼者は、古代ヘブライ語の子孫であると彼らが主張する未知の言語で歌い、墓の周りで踊る地元の人々を楽しんでいます.

このようなワイルドな日本の伝説をからかう前に、聖書の多くがかなりとてつもない話でいっぱいであることを覚えておくことが重要です. 戦争はイエス・キリストの名の下に戦われてきましたが、新約聖書の物語を除けば、歴史家は彼について驚くほどほとんど知りません。 「イエスの存在を示す決定的な物理的または考古学的証拠はありません」と彼は説明します。 歴史.

中世以来、世界はあらゆる種類の遺物に魅了されてきましたが、その信憑性は控えめに言っても疑わしいものです。 トリノの聖骸布、イエスのいばらの冠、そして歴史を通じて出回っている多くの神聖な包皮に至るまで、遺物の偽造と捏造された歴史は大きなビジネスであり続けています. この特定の日本の町にとって、イエスの墓は、この地域で唯一国際的に認められた観光名所です。 によると BBCのニュース 「おそらく、人々が何らかの形でイエスとのつながりを求めていることを示しています。」

上の画像: 日本北部の新郷にあるイエスの墓。 フォント: タバコを吸う /アドビストック

セシリア・ボガード

日本の伝説によると、イエス・キリストは日本で生きて死んだ

Source#日本の伝説によるとイエスキリストは日本で生きて死んだ

Leave a Comment