日本の中部国際空港は、2つ目の滑走路を作成し、既存の滑走路を改修します

大村秀章知事は、中部国際空港は、約5年で新しい滑走路が完成した後、第2滑走路の建設を開始し、既存の滑走路の大規模な整備を行うと述べた。

大村氏は名古屋での記者会見で、同空港の航空機の発着能力は、2本の滑走路が一緒に運用を開始した時点で現在のレベルから20パーセント増加すると述べた。

2020年9月に撮影した写真は、愛知県名古屋市常滑市の中部国際空港です。 (共同通信)

既存の3,500メートルの滑走路は、愛知県名古屋市の常滑空港が東京と大阪の主要ハブとして開港した2005年に建設されましたが、老朽化により修理が必要です。

新しい3,290メートルの滑走路は、既存の滑走路の東約210メートルに位置する誘導路を改修することによって作成されます。

新しい滑走路は出発に使用され、既存の滑走路は到着を受け取ります。

新しい滑走路の建設には約140億円(1億2,330万ドル)の費用がかかり、空港の運営会社に引き継がれる予定です。 しかし、大村氏は「中央政府と都道府県が間接的に財政支援を行う」と述べた。

地方自治体や企業は当初、空港近くの埋め立て地に2本目の滑走路を建設することを望んでいました。 しかし、復旧作業には約15年かかると推定された後、ポリシーが変更されました。

大村氏は、コロナウイルスの大流行後、空の旅の需要が改善するのを待ちたいと述べたが、埋め立てプロジェクトが完了すると、空港はさらに3,500メートルの滑走路を建設できると述べた。

建設された場合、3番目のトラックは既存の3,500メートルの車線に取って代わります。

空港には、2019年9月にオープンした格安航空会社専用のターミナルを含む2つのターミナルがあります。


関連する報道:

日本の成田空港と羽田空港が大規模な顔認識を開始

パンデミックの中で手荷物カートを消毒するための日本空港試験装置

中部空港が火曜日から2ヶ月の停車後、国際線を再開


。日本の中部国際空港は、2つ目の滑走路を作成し、既存の滑走路を改修します

Source#日本の中部国際空港は2つ目の滑走路を作成し既存の滑走路を改修します

Leave a Comment