日本の与那国島では、台湾紛争の最前線に立つことへの恐怖

与那国島、日本 — 何年もの間、この島は「2 つの銃」の島として知られていました。ここに配置された 2 人の警官それぞれに 1 つの銃です。

日本で最も西にある与那国島は、平和な楽園のように感じることができます。熱帯雨林に覆われ、シュモクザメが紺碧の海を滑空します。

しかし、地平線に問題があります。 ほぼ 110 km 離れたところに台湾島があります。これは、再び見出しに登場する自治民主主義です。

日本の当局によると、木曜日に中国の弾道ミサイル6発が日本の南西諸島の近くの水に着陸し、そのうちの1発は与那国の近くに、残りの5発は日本の排他的経済水域内に着陸した.

ミサイルは、ナンシー・ペロシ下院議長が今週台湾を一晩訪問したことに対応して、中国が実施している大規模な軍事演習の一部でした。 彼女は 25 年間で島を訪問した最高位の選出された米国の役人です。

中国は、ペロシ氏の訪問を、台湾の分離独立勢力への支持を示すものと見ている。 過去に、北京は、独立を宣言した場合、島に侵入すると脅迫してきました。 …読み続けて


ポリシー ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本の与那国島では、台湾紛争の最前線に立つことへの恐怖
Source#日本の与那国島では台湾紛争の最前線に立つことへの恐怖

Leave a Comment