日本の与党政策主席が統一教会関連施設を視察

自民党の萩生田浩一政務主席は6月、参議院選挙を前に与党の生稲明子候補に付き添い、物議を醸している統一教会関連施設を訪問した。

八王子市の施設を訪れた萩生田産業相(当時)と、7月10日の東京区参院選で当選した郁稲氏は、宗教団体の支援を求めたものとみられる。

組み合わせた写真は、自民党の萩生田浩一政策委員長 (右) と生稲明子参議院議員。 (エディトリアル専用)(共同)

生稲氏の事務所は、萩生田氏が当選した衆院選挙区の八王子市を訪問したことについて週刊誌が火曜日に報じた後、「彼女が萩生田氏と関連施設を訪れたのは事実だ」と述べた.

イクイナ氏は、候補者の演説を聞いた人がそこで話すように要求した後、訪問した.

選挙の数日前に安倍晋三元首相が殺害されて以来、教会は日本で新たな注目を集めている。 銃撃犯は、母親が教会に多額の寄付をした後、彼の家族は崩壊し、安倍首相がそのグループに関係していると信じていたと捜査官に伝えられました。


関連記事:

統一教会に関連する議員のリストが増える中、日本の首相は揺れ動く

85%が政治家は統一教会との関係を断ち切るべきだと言う:共同通信世論調査

岸田氏、内閣改造で統一教会関係をチェック


萩生田氏は、安倍首相の側近であり、元首相が率いた自民党最大の派閥のメンバーであり、議員とグループの関係に関する最近の共同通信の調査に答えて、教会に関連するイベントで発言したことを認めた、現在は世界平和統一家庭連合として知られるようになり、2014年に. 生稲は萩生田と同じ派閥に属しています.

彼は回答の中で金銭的関係については言及しませんでした。 しかし、萩生田氏の資金管理組織は、2012 年と 2014 年に教会関連団体に会費を支払ったことが水曜日遅くに判明し、彼が率いる東京選挙区の自民党事務所は、2015 年と 2017 年にグループに合計 60,000 円 (450 ドル) を支払いました。政治資金と歳出報告によると、別の機会に。

彼のオフィスはこれまでのところ、支払いの背後にある理由についてコメントしていません.

教会は合同結婚式で有名です。 その支持者の多くは、「先祖代々のカルマ」の引用を含む脅迫を利用して法外な価格で壷やその他のアイテムを購入するよう人々に話しかける「スピリチュアルセールス」で有罪判決を受けており、一部の批評家は電話をかけています。グループは反社会的カルトです。

先週、岸田文雄首相が自民党と宗教団体との関係をめぐる精査が激化する中で、国民の支持の弱体化を覆すために内閣と党幹部のラインナップを再編成したため、萩生田氏は自民党の政策責任者に任命された。

岸田氏は当時、すべての閣僚に対し、「世間の疑念を避けるために、問題のグループとのつながりを確認し、厳密に検討するよう求め、そうすることに同意した者のみを任命する」と述べた。

新内閣の 7 人のメンバーは、イベントへの参加や会費の支払いなど、教会とのつながりがあったことが判明しました。 ポートフォリオを維持した山極大四郎経済再生相と、再び厚労相に就任した加藤勝信氏がその中にいる。

共同通信の調査によると、日本の国会議員 712 人のうち 106 人がこのグループと何らかのつながりがあり、その 80% 近くが自民党に所属していました。

.日本の与党政策主席が統一教会関連施設を視察
Source#日本の与党政策主席が統一教会関連施設を視察

Leave a Comment