日本の与党が国家安全保障戦略の見直しを開始

与党自民党の合同防衛委員会は、敵基地への攻撃能力導入の可能性を含め、2013年に採択されて以来初めて月曜日に国家安全保障戦略の見直しについて議論を始めた。

岸田文雄首相が政策で述べた後、パネルは国の長期防衛および外交戦略を検討するとともに、他の2つの主要な防衛開発文書である国防計画ガイドラインと中期防衛計画について話し合い、更新することを目指しています。今月初め、政府は約1年以内に3つの政策文書すべてを更新することを目指しているとのスピーチ。

岸田文雄氏は、日本に近い海域での中国の積極性の高まりと北朝鮮による弾道ミサイル実験の再開に伴い、日本は憂慮すべき治安状況に直面していると述べ、前進するための「すべての選択肢」を検討することを誓う。差し迫った攻撃に応じて敵の基地を攻撃します。

自民党の議員で元国防相の小野寺五典(立)が、2021年12月20日に東京の党本部で講演する。(京堂)


関連する報道:

日本とフランスは2プラス2の安全保障交渉を来年に延期する

日米が1月7日に閣僚級安全保障協議を行う

安倍首相は、台湾の緊急事態における日本の軍事的役割の可能性を示唆している


PLDの安全保障調査委員会と国防部の合同委員会は、専門家との一連の話し合いとヒアリングの後、来年5月頃に提案を作成することを目指しています。 提案は、作品のレビューの基礎となります。

他の2つの政策文書を含む国家安全保障戦略は、米国の例に従って作成されました。

国防計画の大綱は1976年に基本防衛計画として最初に策定され、1995年から2018年の間に5回改訂されました。中期防衛計画はそのガイドラインに基づいており、開発計画と支出を指定しています。現在の計画。 2019年から2023年までの会計年度をカバーしています。

小野寺五典前国防相は、「これまで、日本がミサイルで攻撃された場合、敵国からのミサイルを回避(発射)しなければならないと主張してきた。この考えは一貫している」と述べた。 。

小野寺首相は非公開会合後、記者団に対し、自民党議員ら数名は、日本は米国に沿った新たな国防戦略が必要かもしれないと主張したと語った。

米国は、国防長官の事務所によって作成された国防長官の下で、国防総省が国防戦略の目的をどのように追求しているかを説明する文書を持っています。 この文書は、年間の防衛予算の増加を確実にするのに役立ち、軍事緊急時対応計画をサポートします。

日本の国家安全保障戦略の見直しは、重要な先端技術の開発と戦略的商品のサプライチェーンの確立に関連する経済的安全保障にも焦点を当てます。

パネルでは、宇宙空間、サイバースペース、および電磁スペクトルの新しい防御ドメインについても説明します。

防衛省は先月、同省と自衛隊の高官からなる独自の委員会を設置し、3つの文書の改訂に関する一連の議論を行った。

。日本の与党が国家安全保障戦略の見直しを開始

Source#日本の与党が国家安全保障戦略の見直しを開始

Leave a Comment