日本のメガバンクは、第 1 四半期の結果がまちまちで、収益圧力の高まりに直面している

日本の 3 つのメガバンクは、資本市場の活動の鈍化、米国の金利の上昇、および COVID-19 パンデミックの継続的な影響の中で、第 1 四半期にさまざまな結果を記録した後、収益へのプレッシャーの高まりに直面しています。

三井住友フィナンシャル グループは、6 月 30 日に終了した 3 か月間で収益が増加した唯一のメガバンクでした。 総資産で日本第 2 位のメガバンクである三井住友フィナンシャルの純利益は、前年比 24.2% 増の 2,524 億円となり、2023 年 3 月期通期の目標純利益の約 35% に相当します。

一方、三菱UFJフィナンシャル・グループの第1四半期の純利益は、前年同期比70.3%減の1136億円となった。 この減少は主に、米国の MUFG ユニオン銀行の帳簿上のローンと債券の 2,544 億円の評価損によるものであり、日本の貸し手は 2021 年 9 月に米国バンコープに 80 億米ドルで売却する計画を発表しました。 MUFG は 8 月 2 日、売却完了後に 1,579 億円の処分益を計上する予定であると述べたが、これがいつになるかは明らかにしなかった。

みずほフィナンシャル グループの第 1 四半期の純利益は 36.4% 減少しました。これは主に、企業向けおよび機関向け金融事業の収益の減少と、前年度に増加した税効果の欠如によるものです。

アナリストらによると、世界的な景気後退への懸念が高まると、日本のメガバンクの証券引受による収入が打撃を受ける可能性が高い。 日本でのCOVID-19感染の最新の波は、経済にも影を落とし、企業が拡大に費やすことを妨げたり、融資需要を弱めたりする可能性があると彼らは述べた.

…読み続けて


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本のメガバンクは、第 1 四半期の結果がまちまちで、収益圧力の高まりに直面している
Source#日本のメガバンクは第 #四半期の結果がまちまちで収益圧力の高まりに直面している

Leave a Comment