日本のマルが100日間の再婚禁止をこする

日本政府のパネルは月曜日に、離婚後の女性の現在の100日間の再婚禁止を廃止することを推奨しました。これは、法的な父性を決定する100年前の民法の規定を廃止することに沿ったものです。

現行法では、離婚後の再婚までに100日間の待機時間に直面しているのは女性だけです。 批評家たちは、再婚と法的な父性に関する時代遅れで差別的な規則であると彼らが言うことの見直しを求めてきました。

法務省の古川禎久法務大臣の勧告を受けて、政府は現在、提案された画期的な変更を、おそらく2022年度のいつか、来年3月に終了する1898年民法に可決することを目指している。

民法では、母親の離婚後300日以内に生まれた子供は元夫の子供と推定され、結婚から200日以内に生まれた赤ちゃんは現在の夫の子供と推定されるとされています。

この規定は、子供の合法的な父親を迅速に決定することにより、子供の福祉を保護するために実施されていました。

「離婚から300日以内」に言及する法定父権に関する規定はそのまま残りますが、パネルの提案された変更は、女性が出産時に再婚した場合を免除します。 そのような場合、彼女の子供は彼女の現在の夫の子供として認識されます。

既存の規定では、女性が離婚直後に再婚し、201日または最大300日後に出産した場合、元夫と現在の夫による法的父親の主張は重複します。

法制審議会は、14日、明治時代から女性のの断権の卓にするにいししの法線決定法法相しにしたたたってのしはははは離婚放婚ははははははははははははははは、の子とそれすことやや女性再婚再婚禁止期限がしれててますますこれはから法制審議会は14日、離婚はしてしてしてしてしてしてしてしてしてしてしてしてしてしてしてしてしてしてしてしてしてしてしはははははできてしてしてしてしてしはははははしてしてしていははは、部屋を再婚した夫子と了す加な想像のレビュー決定法相に答えりました答え申でははは女性日日間の再婚断任事としてます







日本のマルが100日間の再婚禁止をこする
Source#日本のマルが100日間の再婚禁止をこする

Leave a Comment