日本のファッションデザイナー三宅一生が84歳で癌で死去

国内メディアの報道によると、日本のデザイナー、イッセイ ミヤケ氏は、しわの寄らないプリーツ スタイルの服で有名で、84 歳で亡くなりました。

1980 年代に日本の経済力とファッション力の代名詞となった三宅氏は、8 月 5 日に肝臓がんで亡くなった、と共同通信社は火曜日に伝えた。

東京の彼のオフィスの従業員は、三宅の葬儀は彼の希望に沿って「親戚だけが参加する」ことですでに行われたと語った. 公の式典の計画はなかった、と従業員は言った。

半世紀以上にわたるキャリアの中で、ハイテクで着心地の良い服のパイオニアである三宅氏は、1970 年代半ばからパリで活躍した若い日本人デザイナーの波の一部でした。

彼のファッション ハウスは多くの才能ある若いデザイナーを育て、革新的でまばゆいばかりのキャットウォーク ショーで知られていました。

広島で生まれたミヤケは、教室にいるときに米国が広島市に原子爆弾を投下したとき、7 歳でした。 彼は後の人生での出来事について話すのをためらった. 2009年、当時の米国大統領バラク・オバマをニューヨークに訪問させるキャンペーンの一環として、ニューヨーク・タイムズに寄稿した彼は、原爆を「生き延びたデザイナー」というレッテルを貼られたくない、と述べた。

実用性で知られるミヤケは、ダンサーかアスリートになりたいと思っていたが、姉のファッション雑誌を読んで方向転換したと言われている。

東京藝術大学でグラフィックデザインを学んだ後、パリで服飾デザインを学び、著名なファッションデザイナーのギイ・ラロッシュやユベール・ド・ジバンシィと仕事をした後、ニューヨークに渡ります。 1970年東京に戻り、三宅デザイン工房を設立。

…読み続けて


協会ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本のファッションデザイナー三宅一生が84歳で癌で死去
Source#日本のファッションデザイナー三宅一生が84歳で癌で死去

Leave a Comment