日本のハイテク大手 SoftBank は 230 億米ドルの四半期損失を計上

日本のテクノロジー企業であるソフトバンクグループは、インフレと金利に関する世界的な懸念の中で投資価値が下落したため、4月から6月の四半期に234億米ドルの損失を計上しました。

SoftBank Group Corp. の 3 兆 1600 億円の損失は、前年同期の 7620 億円の利益からの逆転でした。 同社は月曜、四半期売上高が 6% 増加したと発表した。

ソフトバンクは 3 月に終了した会計年度で 1.7 兆円 (130 億米ドル) の赤字を計上し、前年の 4.9 兆円の黒字から一転した。 年間売上高は 10.5% 増加して 6.2 兆円 (460 億米ドル) になりました。

ソフトバンクのポートフォリオはウクライナでの戦争に直接さらされていませんが、同社は世界的な不確実性、インフレ、エネルギーコストの高騰が収益性を損なう可能性が高いと警告しました. 為替差損も彼らの収益に影響を与えました。

ソフトバンクが意図していた英国の半導体およびソフトウェア設計会社アームのエヌビディアへの売却は、今年初めに失敗に終わった。

…読み続けて


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本のハイテク大手 SoftBank は 230 億米ドルの四半期損失を計上
Source#日本のハイテク大手 #SoftBank #は #億米ドルの四半期損失を計上

Leave a Comment