日本のトップシェフグループが中国に日本料理のテーマパークをオープン

世界第2位の経済大国で日本食文化をさらに普及させる取り組みの一環として、日本人トップシェフが結成したグループが中国にテーマパークをオープンします。

Chefooは最近のプレスリリースで、中国の大手食品コングロマリットであるBright Food(Group)Co.と協力してインタラクティブな施設を実現し、訪問者にさまざまなスタイルの日本料理について学び、試食する機会を提供すると述べました。

2018年8月のグループ発足を記念して、東京で開催されるイベントに一流シェフをはじめとするシェフが集結。(写真提供:Chefoodo)(共同通信)

プレスリリースによると、6月末にブライトフードと取引提携した同グループは、7月に上海に現地子会社を設立し、シェフと両国の食品産業との交流を深めた。

このパートナーシップには、日本の食文化を促進するためのテレビ番組の制作、中国の消費者向けの加工食品を生産する工場の建設、日本からの特産品の導入による食品関連貿易の促進も含まれます。

近年、旅行を通じて日本文化への意識が高まり、人気のエンターテインメントの影響を受けて、中国本土の日本食レストランの数は急速に増加しています。

3月に発表された日本貿易振興機構の報告によると、2019年現在、中国には約65,000の日本食レストランがあり、5年前の3倍以上であり、上海だけでも3,700を超えるそのような飲食店があります。

イタリア料理の片岡護が議長を務めるChefoodoは、食品・飲料業界を育成するために2017年4月に設立されました。

集団グループは、料理学校の校長である服部幸懕と、テレビシリーズ「料理の鉄人」で中国人の鉄人としての役割で知られる陳建一を含む34人のプロのシェフで構成されています。

上海市当局と提携している食品ビジネスの懸念を統合する会社として2006年に設立されたBrightFoodは、食品加工や流通を含むさまざまな事業を行っています。


関連する報道:

日本がタイとの食品輸出イニシアチブを開始

特徴:マスターブリューワーはライバル、酒ブリューワーの相続人に伝統を教えます

パンデミックのなかで、日本2021年の農産物輸出は9年連続で過去最高を記録


。日本のトップシェフグループが中国に日本料理のテーマパークをオープン
Source#日本のトップシェフグループが中国に日本料理のテーマパークをオープン

Leave a Comment